ヴルトバ庭園 – 結婚式

 

最初にレビューしてみませんか

ヴルトバ庭園 – 300周年を祝う

ヴルトバ庭園は、他の 3 つのバロック庭園 (ヴラティスラフ、シェーンボルン、ロブコヴィツ) とともにペトシーン丘の斜面に位置し、プラハのバロック庭園の中でも最も貴重で美しい庭園の 1 つです。

結婚式

ヴルトバ庭園は、プラハの宮殿庭園の中でも最も魅力的で保存状態の良い庭園のひとつです。ユネスコ世界遺産に登録されている文化遺産です。

ヴルトバ庭園の式場で結婚式を挙げることに決めた場合、プラハの賑やかな中心部の真ん中にあるロマンチックで親密な場所で結婚式の日を楽しむことができます。

1999 年からヴルトバ庭園の管理と運営を行っている Casus Direct Mail as は、プラハ 1 区の登記所と協力して、ヴルトバ庭園とヴルトバ宮殿の敷地内で結婚式を企画しています。

ヴルトバ庭園では民事式と教会式の両方を執り行うことができます。どちらの場合も、プラハ1市区の登記所(Matrika úřadu Městské části Praha 1)、Vodičkova 18 に連絡する必要があります。詳細については、221 097 469 までお電話ください。

ヴルトバ庭園での民事挙式の日時は登記所によって決定されます。教会での挙式の場合、日時は庭園管理者の代表者と教区司祭と個人的に調整されます。婚約者カップルは直接連絡を取る必要があります。

結婚式は通常 2 時間間隔で次々に行われます。(民事) 挙式は通常 30 分未満で終わり、その後の 1 時間は新郎新婦が庭園内で写真を撮ったりビデオを録画したりすることができます。新郎新婦と結婚式のゲストは、次の挙式の 30 分前までに庭園とヴルトバ宮殿から退出する必要があります。

結婚式は法律により一般に公開されており、式典中も庭園は一般に閉鎖されることはありません。

民事儀式の状況と流れは、旧市庁舎 (Staroměstská radnice) の場合と同様です。

結婚式のゲストは庭園管理者の指示に従い、適切かつ秩序ある行動を取らなければなりません。庭園や宮殿の庭に米や紙吹雪などを投げることは禁止されています。 

結婚式はサラ テレーナで執り行われます。婚約者の家族のために、装飾された結婚式用テーブルと 10 脚の装飾された椅子が用意されます。他の結婚式のゲストは、式の間、立ったままです。

結婚式のテーブルの装飾も承ります。挙式には、ガーデンマネージャーが用意する新郎新婦のための乾杯の挨拶も含まれており、結婚式の手配料に含まれています。

結婚式のゲストは、乾杯の挨拶をしたり、自分で飲み物を飲んだりすることはできません。ゲストのための乾杯の挨拶や結婚式のカクテルパーティーは、結婚式手配支援契約に基づいて手配できます。飲み物は、契約したケータリング会社によってのみ提供されます。

結婚式用の音楽は手配されません。ガーデン マネージャーと相談して録音または生演奏の音楽を手配することは可能ですが、結婚式の手配料金には含まれていません。写真家についても同様で、独占契約に縛られることはなく、結婚式の主催者が独自に手配できます。ガーデン マネージャーは、ヴルトバ ガーデンとヴルトバ パレスの敷地内での経験を持つ音楽と写真家に関するアドバイスを喜んで提供します。

ヴルトバ庭園での結婚式の日時については、プラハ1区の登記所で直接確認し、予約することもできます。

プラハの結婚式

私たちのプラハ ウェディング プランナー チームは、街とその会場についての幅広い知識を持つ、その分野の専門家で構成されています。当社は、お客様の特定のニーズや好みに合わせたカスタマイズされたパッケージを提供することに特化しています。完璧な場所の探しから、ベンダーとの調整、イベントのスケジュール管理に至るまで、私たちはあなたの結婚式がスムーズに進行するようあらゆる細部に配慮します。

よくある質問

Q History of Vrtba Garden in Prague

The creation of this magnificent palace garden is associated with the construction boom around 1720. The garden was designed by František Maxmilián Kaňka, who first renovated the palace for Jan Josef, Count of Vrtba and then created the garden. Unlike the garden which retained its Baroque style without any significant changes, the Vrtba Palace underwent radical changes during the following centuries. The statue and sculpture decorations were created by Matyáš Bernard Braun. In addition, painter Václav Vavřinec Reiner was involved in the masterpiece. The interior decoration of the Sala Terrena has survived in its original designs until today. The fresco on the vault depicting Venus and Adonis was painted by Václav Vavřinec Reiner. In 1990 - 1998, the Vrtba Garden underwent overall reconstruction, following previous static reinforcement. The renovated garden was opened for public on 3 June 1998. The garden is owned by the City of Prague and managed by Casus Direct Mail a.s.