新市庁舎 – プラハ 1

 

最初にレビューしてみませんか

新市庁舎の建設は、1348年にカール4世が新市街を創設した直後に始まりました。何世紀にもわたり、この市庁舎は、フス派運動の始まりとなった1419年の最初のプラハ窓外投下など、多くの歴史的出来事の目撃者となってきました。今日、市庁舎の歴史的な建物では、さまざまな文化的および社会的イベントが開催されています。高さ約70メートルのゴシック様式の塔からは、新市街とプラハ最大の広場であるカルロヴォ広場の美しい景色を眺めることができます。

  新市庁舎(新市庁舎、組織委員会)

プラハの結婚式

私たちのプラハ ウェディング プランナー チームは、街とその会場についての幅広い知識を持つ、その分野の専門家で構成されています。当社は、お客様の特定のニーズや好みに合わせたカスタマイズされたパッケージを提供することに特化しています。完璧な場所の探しから、ベンダーとの調整、イベントのスケジュール管理に至るまで、私たちはあなたの結婚式がスムーズに進行するようあらゆる細部に配慮します。